HOME » 検証!健康成分 » 鮫肝油

鮫肝油

飲むと健康になれるとの評判が高い、深海鮫肝油について、実際に愛用している方の感想や成分の働きを調べてみました。

深海鮫肝油に含まれる有効成分

深海鮫肝油には、スクワレン・オメガ3脂肪酸・スクアラミン・エルシン酸・オレイン酸・バルチミン酸・アルキルグリセロールの他、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンEが含まれています。

どんな効果・効能があるのか?

深海鮫肝油に含まれる大量に含まれるスクワレンは、酸素補給作用・免疫の増強作用・血液の浄化作用・肝臓の機能障害の改善・胃と十二指腸の潰瘍や炎症の改善鎮痛作用・細胞の生成促進作用・殺菌作用で知られています。

また、オレイン酸は悪玉コレステロールの低下など、バルチミン酸は腎臓の機能改善、胃腸の機能改善。さらにビタミン類は、老化予防や粘膜の生成に役立つ成分でもあります。

そのほかの成分も、体内の浄化や老化防止、疲労回復を体内から促す成分ばかり。こうした成分が総合的に作用することで、加齢とともに起こるあらゆる健康の問題を解消してくれる働きがあるのです。

飲んでいる人の口コミ情報

  • 翌朝の目覚めが違います。以前は夕方になると疲れてしまい、横になりたい…という日々が続いていましたが、飲み始めてから2日目以降、午後も元気に過ごせています。体のだるさが取れたことで適度な運動をする余裕まででき、さらに健康に!体力もついて、相乗効果を感じています。
  • 健康のために飲み始めた鮫肝油ですが、油というだけあって太るのかな…?とちょっと心配していました。しかし飲み始めて2週間、意外なことにお腹のお肉がだんだん落ちてきていたのに気づいたんです!健康になれたことで代謝が良くなり、太りにくい体になったと実感。
  • 昔から体が弱く、だるい日は眩暈がひどかったのですが、鮫肝油を飲み始めてからは、朝から元気!すっきり目覚めて、めまいも気にならなくなりました。
 
ページの先頭へ