HOME » 検証!健康成分 » 霊芝

霊芝

樹木や切り株に自生するサルノコシカケ科の一種。
中国では古くから不老長寿の薬として伝統的に珍重されてきたキノコです。
古木10万本につき、2~3本しか採取できないという貴重なキノコで、めったに人目に触れることはなかったようです。その貴重さゆえ、皇帝に献上することが義務付けられていたという話もあります。

霊芝は62種もありますが、実際に薬用として用いられているのは、赤霊芝、青霊芝、黄霊芝、黒霊芝、白霊芝、紫霊芝です。日本名ではマンネンタケという名前で呼ばれていますが、他にも門出茸、仙草、吉祥茸、赤芝等の別名をもっています。
1970年代に入り中国と日本で人工栽培に成功。霊芝が持つ効果が科学的に解明されるようになって来ました現在では健康食品やサプリメントとして多くの製品が販売されています。

霊芝に含まれる成分の働き

霊芝にはβ‐グルカンなどの多糖類やガノデリン酸などのトリテルペン類などの有効成分が豊富で、これらが免疫機能を高め癌細胞の増殖を抑える働きをします。
他にもヘミセルロースという抗がん作用のある有効成分が含まれています。

どんな効能があるのか

免疫機能を高める抗がん作用が有名ですが、そのほかにも

  • 血圧降下や血栓を防ぐ作用があるので高血圧や動脈硬化の予防や改善、
  • 血糖値の調整作用もあるので糖尿病の予防や改善
  • メラニン合成抑制作用を持っているので美肌効果も期待

など霊芝の効能は多岐にわたります。

飲んでいる人の口コミ情報

  • サプリメントを1年ほど続けてたが、はっきりとした効果はわからない。飲み続けたおかげで悪くならなかったのかも。
  • 効能はいろいろあるようですが、私は腹痛(下痢)に効いている様に思います。
  • 母が飲んでますが、疲れが取れるそうです。

口コミでの評判を探してみても、癌についてははっきりした効果は得られないようです。それでも、体調の改善に役立っているという実感があるようです。

 
ページの先頭へ