HOME » 検証!健康成分 » ベータグルカン

ベータグルカン

ベータグルカン(βグルカン)は、キノコ類やパン酵母に含まれている成分です。キノコ類では、アガリクス・ハナビラタケ・メシマコブ霊芝・椎茸などがあり、酵母類では、パン酵母・黒酵母・オーツ麦・藻類ではフコイダンなどに多く含まれます。

なぜパン酵母由来がいいのか?

ベータグルカンは色々なものに含まれていますが、パン酵母由来のものがおすすめです。

キノコ類に含まれるベータグルカンの含有率は、10パーセント程度。これに対し、パン酵母はその細胞から有効なベータグルカンのみを抽出しているため、純度が高いのです。優れた純度のパン酵母由来ベータグルカンの目安は、純度85%以上といわれています。

どんな効能があるのか?

がんに対する効能が期待される成分ですが、特定の疾患に対するはっきりとした効果は分かっていません。マウスを用いた実験などで、がんが縮小したという実験結果などが少しずつ表れてきている段階です。

ただし、ベータグルカンは食品成分としては「食物繊維」に分類され、腸内環境の改善に役立つとされています。その結果、免疫力が高まるなど、健康食品としてさまざまな効能が期待できます。

飲んでいる人の口コミ情報

  • 体調が悪く食事もろくにとれなかったのが嘘のよう。グルカンを取り入れてから、食事を楽しめるようになりました。
  • 健康維持に、毎日欠かさず飲んでいます。最近愛犬にも与えてみたところ、とても元気になりました。
  • 飲みはじめてからは、疲れ知らずになった気がします!毎日元気に過ごせるようになり、朝だるくて起きられないということがなくなりました。
 
ページの先頭へ