HOME » 検証!健康成分 » フコイダン

フコイダン

昆布やワカメ、もずくなどの海藻類に含まれているヌルヌルした成分のことです。
このヌルヌルのおかげで海藻は傷口を覆って細菌の進入を防いだり、乾燥を防いだりできるのです。

特にもずくは昆布やわかめと比べると5倍以上のフコイダンをを含んでいるそう。1996年の日本癌学会で「フコイダンの抗がん作用の研究報告」が発表され、それから注目を浴びている成分です。
キノコ系の健康食品と同様、免疫活性作用がありますが、それに加えてがん細胞に直接働きかけ自然消滅させる作用があるといわれています。代替医療も盛んに行われているようです。

フコイダンに含まれる成分の働き

フコイダンの有効成分は硫酸化フコースとグルクロン酸です。
アガリクスに含まれるβ‐グルカンなどの多糖類との大きな違いは硫酸基を含んでいることです。硫酸基は水を蓄えることができヌルヌル成分を作り出しています。 

どんな効能があるのか

フコイダンは、マクロファージやNK細胞などの免疫細胞を活性化する効果があり、抗がん作用が期待されています。
癌細胞は増殖するために新しい血管を作りだし、養分や酸素を自分に送り込みますが、この血管を作ることを阻止することができるそう。

その他にも、有害物質の吸収の阻害や排出を高める効果や、ピロリ菌阻害効果、コレステロール低下効果、胃粘膜保護効果などがあるとされています。
また最近では、癌細胞のアポトーシスを誘発する効果があるということで、大いに脚光を浴びています。

飲んでいる人の口コミ情報

  • フコイダンを飲みはじめてから、手術後の主人の体調がよくなってきた。
  • 飲み始めて2ヶ月がたちました。おかげさまで食欲もあり体調がいいようです。これからも飲み続けていきたいと思っています。
  • 抗がん剤と併用して飲んでいますが、どちらの作用か癌細胞が小さくなってきました。

やはり、抗がん剤と併用している方が多く、フコイダンとどちらの効果かははっきりしませんが、効果を実感されている方が多くいらっしゃるようです。

 
ページの先頭へ